Archive for 10月, 2014

まずは取り分けるところから

水曜日, 10月 15th, 2014

専業主婦になり、自分の収入がなくなると、確実に貯金をしていかなければ、特別な出費がある時や、自分自身てにお金がかかってしまう時、いつでも夫に頼んでその分の費用をもらわなくてはいけないと思うと、面倒くさいという気持ちが強く、それを回避すべく、確実に貯金をできるようにしていきました。そして現在は毎月、貯金ができています。

私の場合は毎月いくら貯金するかは決めていないスタイルです。まず、夫が毎月の生活費を私に現金でくれます。それを今月の食費、日用品、娯楽費、交通費、通信費など、毎月決まって出ていく金額を取り分けます。食費、日用品、娯楽費に関しては毎月多少の変動はあるので、ざっくりの計算で取り分けています。そして、残った分はそのまま金融機関に入れます。引き落とされるものもありますが、それも踏まえて、全部金融機関に入金します。手元にある現金で大体毎月の生活を乗り切ります。もし、予定外の出費があるときはクレジットカードを用いるか、現金しか扱えない場合は金融機関からその金額だけを引き出してきます。

毎月、いくら使っているのかを把握するために、とっても簡単な家計簿をつけています。レシートをお店で確実にもらい、それを大きなジャンルに分けて貼っていきます。

食費、日用品、娯楽費くらいです。

そして、それぞれの集計を月末に出します。そうすると、だいたい毎月同じくらいの使用率です。一回月に一回しか集計しないのもなんとなく気になるので、月の途中にも小計を出しています。そうすると、今月まだ紺だけしかたってないのに、使いすぎているとかいないとかも見えてきます。少し余裕があるときには、少し高いお肉を買ってみたり、ケーキ屋さんでケーキを買ってみたりなんかして楽しみながら家計を見ています。そうすると、月初めに取り分ける金額に対し、そんなにストレスを感じることはありません。

突然の出費にも対応できる余力も残しているので、イライラして節約して貯金を!なんていうストレスもなく、ゆる~く貯金できています。この調子で、少しずつではありますが、確実に貯金をしていく予定です。

先日、息子にバイクを買って欲しいと言われ・・・私がこうやって少しずつ貯めているお金があるので少し出してあげようと思ったのですが、、、息子の為にも自分でバイクローンを組ませて自分で払っていくように言いました。

私がしている貯金は万が一息子が返済できなくなったときのために置いておこうと思います。

 

コンビニは勉強することが豊かなところです!

水曜日, 10月 8th, 2014

大学の四年間、私はコンビニエンスストアでアルバイトをしました。
よくあるチェン店の「ファミリーマート」です。

学費を稼ぐためにすぐにでもアルバイトをはじめたくて、即日からいけるアルバイト先の募集をネットで探していたらこのコンビニを見つけたんです。

即日バイト※高収入で条件の良いアルバイトを見つける為に
入学してから卒業ギリギリまで、たっぷり四年間居させていただきました。

地域ではかなりいい場所にあるコンビニです。
奈良地域では売上上位1、2位くらいな店です。
そのおかげで、かなり忙しいバイト日々を送っていました。

コンビニエンスストアは名前通り、誰にとってもとても便利なところであるため、
いろいろな商品を、小さい店舗で預けています。

私が居た店は、地理上のことで、客層は周辺住民以外にも運転手さんが多いです。
周りは学生の寮もあったので、若い高校生から年よりまで広い客層です。
そのおかげでいろいろな人と接することができました。

「お客様」という意識があるサービス業なので、
バイトを通して、身をもってその意識を体験しました。
絶対ありえないと思っても、お客さんが正しいから、謝らないといけません。
外国人の私にとっても、「意味が分からない!」という思いしかありませんでした。
しかし、四年間を通してきて、同僚も私も、お互いに勉強しあって、
「お客さんが上だけど、理不尽はさせません」みたいな考えはお互い持つようになりました。

コンビニもいろいろなお客さんと出会える場所なので、
いろいろな人と接することによって、自分の臨機応変能力が高められたと思います。
私はバイトだけですが、バイト歴が長くなっていくついでに、
店長やマネージャーが居ない時に、後輩の子らの指導と指示をする立場になったので、
いろいろな場面を対処せざるを得ないことが増えてきまして、
そのおかげで、臨機応変能力と日本語能力もかなり鍛えられました。

そして、いろいろな品物が置いてあるので、
元々自分が興味がないや、知らなかった物事を知ることができました。
一番の例は、私はタバコを吸わないので、タバコに対してはあまり知らなかったですが、
コンビニでバイトしてから、タバコのことを少しずつ分かるようになりました。
どのタバコは安いけど美味しいとか、こういうタバコを吸ってるのはこういう層の人が多いとか、
同じ㌘だけど、こちのメーカーのほうが濃く感じるとか、
一時期タバコを吸い始めたと思われたくらい、
普段吸わない人だと絶対分からない情報を知ることができました。

とても楽とは言えないバイト日々でしたが、とても勉強になりました。
もう店から卒業して、5年も経ちましたが、今でもオーナーや店長やら、皆さんと仲良くしています。
今の私にとって、とても素晴らしい思い出となっています。